夜のこと



最近睡眠時間がすこぶる短い。夢の中の待ち合わせに備えてずっと誰かを待っている感覚。数日体調が凄まじく悪かったけれど夏に救われた気がする。久し振りに楽しい夜だった。じぶんはこんなにも笑うのだと思った。

お陰で昨夜はよく眠れて、今夜は眠れる素晴らしさについて記そう!と思いながら、結局うとうとしてしまった。こんな時間にお風呂に入って洗濯物を回しながら綴っている。

そういえばさっきみた夢、割と可愛い女の子のおうちに監禁される夢だった。彼女は寂しさを紛らわす為にわたしを監禁したけれど、それで何が満たされるのだろうか。側にいてくれる安心を得たい気持ちはわかる気がする。

最近、心が健康でないと夜眠れなくなることに気付いた。眠れないと身体も健康でなくなる負のスパイラルがこわい。だから昨夜みたいによく眠れるというのは素晴らしいことなのだと記したかった。よく考えると、心と内臓は同じなのかもしれないと思うことさえある。心が良い意味でも悪い意味でも一杯になるとご飯があまり食べれなくなる。胃の代わりに心が満たされている感覚。あまり良くはないと思うけれど。

いつもお昼はお弁当を食べる。糖質でお腹いっぱいになると睡眠欲で仕事に支障が出るから、成る可くタンパク質と野菜で満たされるよう調整できるようになってきた。いつもお弁当箱の半分に詰めていたご飯を3分の1にしておかずを増やしたり、野菜とお肉メインにしてささやかなデザートを付けたり。自分の体調に敏感になれたのも食事を全て自分で作っているからだと思う。丁寧に生活するとはこのことか、と今思った。元々食費があまりかからないけれど最近はもっと上手くやれている気がする。その分、たまの外食がとても楽しい。

もう今日になってしまった。ずっと明日を待っていた。カーテンの隙間から見える空が明るくなっていることに気付いた。洗濯物を干し終わったらまた少し寝ようと思う。また明日。






まつもとまい子    5:16

まつもとまい子 Official Site

自分を助けるために曲をつくる、うたう

0コメント

  • 1000 / 1000