路上、白い服、ひとりから

昨夜は KBC前天神カフェでライブ
気付いたら腕は血まみれ、弦は切れまくり、一度のステージでこんなに沢山弦切ったデンジャラスなライブは初めてだった

MCで一言
また、まつもとまい子のライブに行きたくなる、そんなライブをしに来ました。とだけ伝えて「最後のはじまり」から歌い始めた

また、いつかぜったい、わたしのうたを聴きに来て欲しいから一瞬一瞬、一曲一曲を必死にうたった。ら、こうなるのか、と

そこにいた全員と空気を一気飲みした瞬間が、とてもきもちよかった

何の為に此処に居るのかわからなくなる時もあるけれど、きっとわたしは、この瞬間の為に此処で生きてるんだなあと思った、すこし、あんしんした

その後直行で天神警固公園へ

大音量アンプを使いながらカバーを歌っている人の周りには滅多に見ない数のお客さんで溢れてた

路上ライブが初めてな訳じゃないし
緊張してた訳でもないけれど

本当はすごくこわかった
それでも渋谷のスクランブル交差点でした5月の路上を思い出して、その隣で、ひとりきりで歌い始めた

そのときね、沢山の人達の目線や体がアンプを使ってるお兄さんの方に向いてる中で、ひとり、白い半袖を着た綺麗なお姉さんの目線だけが、ずっとわたしの方に向けられていることに気付いた

ああ、あの人はきっと、気付いてくれてる、ひとりでもそんな人がいてくれる、ひとりだけどひとりじゃないのかもしれない、と思えてしまって

其れからも必死で歌っていたら
気付いた時には全然ひとりじゃなくなってた

新曲「いちにのさん」の歌い出しから
警固公園にいる殆どの目線を貰った

この曲はもっとでかくなると思った

歌い終わる頃には、また弦が切れまくって音は全然綺麗じゃなかった筈なのに、最後まで立ち去らずに沢山の方が心でわたしの声を聴いてくれてるのがわかった

沢山聴いてくれていたみなさん、今夜も本当にありがとうでした

また、会えますように

最後に大分から来た少年たちと友達になって、記念撮影をした図がこちら

何故めがねをしているのかというと
左瞼にめばちこ(ものもらい)が出来て腫れているからでした

そろそろ、路上も半袖でしなきゃなと思う程暑くなってしまったね

やっぱり真っ黒な服が、一番落ち着く

おなかすいた


セットリスト

1 最後のはじまり
2 影法師
3 嫌いになった訳じゃないよ
4 いちにのさん
5 Doubt
6 だから、せめて

次回ライブは
7/23(土)21時〜 福岡大濠PEACE
チケット¥1000

7/31(日)宮崎SR-BOX
チャーミングバングでの出演

まつもとまい子 Official Site

自分を助けるために曲をつくる、うたう

0コメント

  • 1000 / 1000