恋愛について





「結婚願望ないの?」









職場の先輩(男性)に尋ねられた










「ありますよ。」







わたしは答えた











先輩

「恋人、欲しくないの?」
















わたし

「今、必要なくて。」




















先輩
「どうして?」












わたし
「倫理学的にも理に適ってるんです」








先輩「???」

















わたし
「恋愛をすると、他人からの好意によって、自信がつくじゃないですか。ああ、じぶんを認めてくれて側に居てくれるんだな、このひとは。って思えるじゃないですか。少なくとも、恋人に救われる部分って、幾らかあると思うんです。そこから偏った感情になっていってしまうことも、世間的にはあるんだろうけれど。だからわたし、いつのまにか、恋愛を倫理学的に考えてしまう癖がついちゃって。恋愛をすることで、じぶんの存在意義を、存在価値を、見出すことが出来ちゃうんですよ。すごいですよね。だから、恋愛をすることは素晴らしいことだと思います。恋人がいるって素敵だし、そう思っているから、別に恋愛したくない訳じゃないです。」












先輩
「じゃあ、なんで?」













わたし
「今のわたしは恋愛をしなくても大丈夫なんです。恋愛以外で、沢山認めて貰えてる。大丈夫だ!って思わせてくれる、そんな大事なひとたちがわたしの側にいてくれるから。そして、こんな風に自己分析が出来ているから、大丈夫だなって、思えてます。だから、今は恋愛をする必要がないんです。」














先輩「なるほどね。それが例えば音楽だったりする訳なんやね。」














わたし「そんな感じですね。」

















先輩「今迄 恋人が出来たときはどうしてたの?倫理学的に考えるのが先で、衝動的な感情になることはなかったん?」















わたし
「好きになったらその時ですよね。」


「だから、今わたし、倫理学がどうのこうのとか言ってますけど、実際、その時にならないとわからないです。」











先輩
「笑。」







わたし
「笑。」











こんな、お昼休みの小話。

まつもとまい子 Official Site

自分を助けるために曲をつくる、うたう

0コメント

  • 1000 / 1000